沖縄の不動産を無料で査定/資産価値を把握できる調査報告書をお届けします。不動産屋がなかなか語らない、不都合な真実も公開。お役に立つノウハウ満載です。

年齢別の人口動態から占う不動産価格

日計BPのサイトで、『リセールバリューから見る分譲マンションの価値とは?』と題した記事が掲載されていました。基本的には三大都市圏のマンションのリセールバリューを中心とした話なので、漫然と読んでいましたが、最後のページで目が釘付けに。
沖縄の市町村別・年齢別の人口推移が一覧表になっていたのです。

『リセールバリューから見る分譲マンションの価値とは?』

全体的には沖縄に当てはまる話ではないので読み流していただければと思いますが、最後のページは収益還元法的にマンション価値をとらえるという論点で書かれており、ちらりと沖縄にも触れています。
注目したいのはこの表。

沖縄県の年代別人口増加率

年代別(5歳階級)に人口が増加した場合は赤系で、人口が減少した場合は青系でマークされているため、増減がわかりやすく、どの市町村のどの年代が増加したかあるいは減少したかがひとめで把握できます。

特に見ていただきたいのは、20代の人口が減少しかつ全体の人口も減少しているエリア。沖縄本島では国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村が該当します。実は、これらの4エリアは売物件が多く、売り出してみてもなかなか動かないエリアに該当します。
今帰仁村などは比較的不動産価格が堅調に推移している名護市や本部町にはさまれているので「どうして今帰仁村の不動産は売れにくいのだろう?」と疑問に思っている方もいらっしゃると思いますが、理由は「売りが多いから」です。

そして、なぜ売りが多いのか? という理由は上記の表から明らかになります。
つまり、人口が減っており(今帰仁村に限っていうと村全体の人口は横ばいですが)、耕作されていない畑や人が住まない宅地が多いため、たくさんの物件が売りに出されており、市場としては飽和気味であることが原因です。

 

社長、今帰仁村や東村の不動産を売りたい人は、どうすればいいんでしょう?

avatar

ゆきみ


avatar

社長

こういった地域でも、オーシャンフロントだったりビーチ前だったりすると、とたんに人気物件になるんだけどね。


一般の宅地は人気薄、ということですか?

avatar

ゆきみ


avatar

社長

そうなんだ。ただ、いつかまた高台の海が見える不動産人気が回復すると思うし、そうなったら今帰仁村には有望な物件が多いと思っているよ。


それまでガマンするしかないということですか?

avatar

ゆきみ


avatar

社長

いや、たとえば現在ならセブンイレブンの沖縄上陸に伴い、コンビニ用地が不足している。国道沿いの土地はそういった観点から宣伝する。ほかにも、その土地の個性を考えて、少しでも早く、高く売れるように営業活動を行うんだ。

不動産無料価格査定のお申込み
無料査定ボタン

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。